ぼくらのピクシーはるおくんのこってり動画研究所

アニメ動画ランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ルーファス・ウェインライト
2.ロスト・イン・トランスレーション
3.ちばてつや
4.The Fifth Dimension
5.どんど晴れ
6.君が代
7.山田詠美
8.魁 クロマティ高校
9.デイトレ
10.芸能人

洋楽ランキング
バラライカ(初回生産限定盤) うちの二人の娘が きらりんレボリューションの大ファンなので 購入しました。
初回限定版はゲーム機のカードがついているので二人で取り合いになってしまいました。また、バラライカも大好きで二人で振りつきで歌っていました。
今度、1stアルバムも出るそうなので購入したいと思います。

Mandarin Plaid (Lydia Chin, Bill Smith Mystery) 中国系の女性リディア・チンと白人男性ビル・スミスのシリーズ3作目。

ファッションデザイナーの盗難事件を引き受けたものの、それをネタに強請られ、お金を巻き上げられてしまうリィデア。口うるさい母親や、いつまでたっても子供扱いする兄の心配をよそに、汚名返上・名誉挽回とばかりにファッション業界を探りまわるリディアの姿が健気でかわいくてよい。勝気なリディアを心配しながらも、一人前のプロとして扱い、決めるところはビシッと決めるビルも存在感を出している。
二人は共に私立探偵、別々に事務所を構えているが、人手が足りないときには協力し合っているという間柄。なのだが、お互いに憎からず思っている。しかし、なかなか発展しない。まだ親密とまではいかないが、とても仲のよい頼!りになる仕事仲間といった感じ。

このシリーズ、リディアとビルが一作ごとに交互に語り手になるため、お互いをどう思っているのかがわかります。今回はリディアが語り手、探偵としてのプライド、自分の生まれ、アジア的な家族・親戚つきあいなどのため、ビルに対して今ひとつ消極的。今後、二人のお互いを思う気持ちがどう変わっていくのか、二人の関係がどうなっていくのかも、シリーズを通して読む楽しみの一つです。


Naked Love―熊田曜子写真集 この写真集の見どころは「目」だと思う。
やや強い目つきでも「挑む」には到らず、甘えを含んだ目つきでも「媚び」には到らない。
どちらかに寄りすぎると写真用の目になると思うが、ここでの熊田曜子の目はリアルな女性を感じさせる。

この人、ウェストのくびればかりが強調されるが、胴の前後の厚みは無く、球形のお尻も持っていないから、白人モデルのような曲線の強調はできない。完璧な脚線ともいいにくい。これはこれで日本人体型なのだ。

それでも「グラビアの女王」と呼ばれるのは、贅肉を削ぎ落としつつ筋肉は目立たせない絶妙な体型管理や、上述の「目」にも表れた写り方への意識などの、プロフェッショナルな表現者としての魅力によってではないか。本作はそれを、芸術写真にせず、アイドル写真集の枠組みの中に定着させた快作だと思う。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
占いランキング

today:024 yesterday:022
TOTAL:0575
Ads by Sitemix