3月25日の稽古場からこんにちは!

南木佳士 最新動画


today:034 yesterday:117
TOTAL:6101

生きてるかい? (文春文庫)

2009年から2010年にかけて共同通信から地方紙に掲載されたエッセイに加筆

芥川賞受賞後にパニック障害、うつ病となったご自身の生き様、そして出自等は他著でも書かれているのでじゃっかんの物足りなさはあるし、くどさを感じる。まあ、初めて読む方には良いかな。
芥川賞直後の「落葉小僧」だけが単行本、文庫本ともに絶版とある。(実は僕はこれが一番好きで両方所有しているのだけれど、、、)
南木さんを担当していた亡くなった女性編集者を村上春樹にも非常に評価していたと書かれている。
編集者が作家を育て作るのだろう。

備忘録メモ

「わたし」は不特定多数から認証されるのではなく、目の前の、呼びかければ答える「あなた」がいるからかろうじてその存在を実感できるだけのはかないものだと明確に自覚出来る歳になった。

だれかの話を聴く。それを解釈した「わたし」の想いを提示する。世界がわずかに広がる。

過去は、書き始めたいた、そして、書き終えつつあるいま、じぶんに都合よく刻々と制作され続ける。

あの夜の静寂を懐かしむのは、過去を、つまり「わたし」そのものを創ってくれた死者たちと闇の中で溶けあっていた、生が死のなかに尻の先から溶けてゆくようなあまやかな感触をもういちど味わいたいからなのだ。 もう、無理、だな。

湖畔のベンチに座り、湖の向こう、低い丘の端に沈む雄大な夕陽をながめていた。速すぎず、遅くもなく、夕陽はゆるやかな深呼吸と同期しつつ沈んでいった。いっさいの出来事はこんな絶妙な速度で過ぎてゆくのだな、と身の深いところで納得できた。おそらく、眼前の豊かな水が想いの深度に影響するのだ。沈んだ夕陽が雲をく染め、過去そのものの移ろいを反映する。色の変化に魅了されたが、腹が減った「いま」にせかれ、宿への帰路を急いだ。

事実は物語よりはるかに複雑で、重い。

小説がかなわない、美しく、グロテスクな現実は常に身近にある。



阿弥陀堂だより 特別版 [DVD]

今年の日本映画の各賞は 「たそがれ清兵衛」一色であったが、 「阿弥陀堂だより」も引けを取らないデキであった。ただ「たそがれ清兵衛」の作品のベクトルが、より一般受けする、やや派手な方向であっただけに過ぎない。映画を見終わった後の幸福感という意味では、「阿弥陀堂だより」の方が幾分優っていたのではないか。樋口可南子の表情も、演技とは思えぬほど自然である。命の迷路に惑い悩み、最終的に命の尊さに目覚める。目覚めた樋口のしっとりとした表情は、必見。それにしても小泉監督の手腕には驚くばかりである。派手な立ち回りを使わずにこれほどの感動を生み出す手腕には、恩師黒澤明も舌を巻くに違いない。



陽子の一日

会話の多い小説に慣れていると会話のほとんどないこの作品がずいぶん寡黙に感じられます。明晰で鋭い文章、精緻な情景描写、時折挟まれる医学解説。いずれもが熟達した医師の手になる小説であることを示しています。本編の主人公は、還暦を迎えた医師・江原陽子。未婚で産んだ息子はすでに成人し、親元を離れて働いています。

この作品には江原陽子の早春のある1日がつぶさに記されています。陽子の下で研修医であった桑原芳明から僻地の診療所の医師・黒田久彦の病歴要約が送られてきました。黒田はかつて彼女と同期の研修医でしたが、彼から多くを学んだことを陽子はいまも感謝しています。

病歴要約には、山村の貧しい母子家庭で育ち、苦学して僻地の医師をめざした黒田の半生が記されていました。彼は自分の使命と信じて僻地医療に赴きますが、妻子には去られ、農村の住民から些細な誤解から疎まれて自分の居場所を失くしつつありました。そしていま急性胆嚢炎に罹っています。その病歴要約を読みながら陽子は自らの半生を振り返るのでした。冷たい母からの逃避、アメリカへ渡って医師として成功したかつての恋人、看護士になった息子、黒田から教わったこと、患者に対する自分の姿勢…。不器用ながら自分の思いに率直に生きてきた陽子は、黒田の病歴要約から読み取れた彼の生き方に自分と共通する思いを感じるのでした。

最新の医療機器がもたらすデータに依存するのではなく、患者の生育歴を重視して診断すべきだ。寿命が尽きかけている患者には治療を控えて自然死を待つのがよい。そうした考えの黒田には住民や患者の家族からの反発がありました。医療の格差、老人問題、終末医療のありかた…。いまの日本の医療をめぐるいくつもの課題が顔を出し、作品に厚みを与えています。

望むものを手に入れても、そうでなくても、人生はそうは変わらないではないだろうか。目の前の課題にちゃんと向き合って、信じることに従って生きるしかないのではないか。完璧なものはないが起こってしまった事態に真摯に対処する。それがやがておとずれる老いと死に対する心構えではないか。この小説は、そんなことをじっくりと考えさせてくれます。作者のこれまでの生き方がそのまま作品として結実しているのでしょう。それが静かな感動を呼び起こします。

主人公の江原陽子がもし実在の人物ならば、ぜひお会いしたい。彼女とはいい友人になれそうに思ったからですが、小説を読んで私がこう感じるのは珍しいことです。



阿弥陀堂だより [VHS]

すごく美しい画面(1シーン1シーンが芸術写真、石仏も美しい)
美しい物語と画面とにぴったり合った心に沁み入るような音楽。
そして、何よりも、90歳を超えるという北林谷栄さんの存在感。
「お盆になると亡くなった人たちが阿弥陀堂にたくさんやって来ます。
迎え火を焚いてお迎えし、暗くなるまで話をします。
話しているうちに、自分がこの世の者なのか、
あの世の者なのか分からなくなります。
もう少し若かった頃はこんなことはなかったのです。
怖くはありません、
夢のようでこのまま醒めなければいいと思ったりします。」
などという言葉は美しくさえ感じられました。



すごく美しい画面(1シーン1シーンが芸術写真、石仏も美しい)
美しい物語と画面とにぴったり合った心に沁み入るような音楽。
そして、何よりも、90歳を超えるという北林谷栄さんの存在感。
「お盆になると亡くなった人たちが阿弥陀堂にたくさんやって来ます。
迎え火を焚いてお迎えし、暗くなるまで話をします。
話しているうちに、自分がこの世の者なのか、
あの世の者なのか分からなくなります。
もう少し若かった頃はこんなことはなかったのです。
怖くはありません、
夢のようでこのまま醒めなければいいと思ったりします。」
などという言葉は美しくさえ感じられました。



3月25日の稽古場からこんにちは!


安東三沙子ついに登場!
南木佳士 関連情報
南木佳士と信州について教えてください。

「神様のカルテ」のような小説は?

医歯薬系の小説家

【2500円以上送料無料】からだのままに/南木佳士

南木佳士の『阿弥陀堂だより』を読んで感動しました。 南木佳士の本でおすすめがあ...

南木佳士さんのおすすめの本を教えて下さい

おすすめの本を教えてください。 これまで読んで気に入った本は、 ・薬指の標本 - ...

【中古】 医学生 / 南木佳士

【1000円以上送料無料】山行記/南木佳士

★人気動画★
日本脳炎

日本脳炎

日本脳炎 / ネオンライト (Live at 代官山UNIT)



あさイチ!

あさイチ!

【爆笑】能年玲奈があさイチで公開「あまちゃんで一番好きなシーン♪」



天野こずえ

天野こずえ

E259系特急『マリンエクスプレス踊り子79号』車窓 ~伊東→伊豆高原~



吉田聡

吉田聡

日本ストロー級タイトルマッチ 星野敬太郎 vs 吉田聡



すとりーとバスケット

すとりーとバスケット

熱血!すとりーとバスケット がんばれDunk Heroes おはなし



パラシュート

パラシュート

『AGATHA』 今剛&松原正樹



絲山秋子

絲山秋子

絲山秋子さん、NAVIの連載『スモールトーク』を語る



オニヤンマ

オニヤンマ

オニヤンマ VS セミ




アイドル動画ランク
歯周病
テクノボイジャー
夏の日の恋
☆人気サイトランキング☆
メル友募集掲示板゙☆
ケータイランキング!

i-mobile
アニメ動画ランキング

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
南木佳士 の最新情報!

「麒麟の翼 劇場版・新参者 」特別プロモーション映像


↓南木佳士 の最新情報↓
南木佳士 ニュース
南木佳士 ウェブ

ゲーム動画ランキング